各社の青汁の特徴

色々な成分の青汁

青汁!沢山ありすぎてどれがいいのかわかりません?

各社、かなりの種類の青汁が出回っています。一体何を選べばいいのか?そう思う人も多いと思います。
このサイトは、各社の青汁の特徴を書き出してみました。

巷に出回っている有名な青汁

たくさんのメーカー(不良品などの問題が発生したら、製品を回収しなくてはいけませんよね)から色々な種類の青汁(ケールや大麦若葉、緑茶、桑の葉、青じそなど、色々な成分の青汁が増えているようです)が出ているのですが、えがおの青汁(緑黄色野菜をすりつぶした緑色の汁のことをいいますが、最近では色々な原材料を使った製品があります)は消費者の立場に立って、安全で不安がなく飲める青汁(緑黄色野菜をすりつぶした緑色の汁のことをいいますが、最近では色々な原材料を使った製品があります)を一番にかんがえて作られているのです。

 

そのために、土作りから無農薬栽培に至るまで、徹底的にこだわっているためす。また、原料の入荷から商品の最終出荷までの工程は全て認定工場で管理されており、製造過程の安全性にも当たり前のことですがこだわっていると思います。

 

えがおの青汁(ケールや大麦若葉、緑茶、桑の葉、青じそなど、色々な成分の青汁が増えているようです)の主成分となっている大麦若葉(ビタミンやミネラル、酵素などを豊富に含んでおり、血行促進効果やコレステロール値を下げる効果が期待できるといわれています)は、キレイな水と澄んだ空気に恵まれている熊本県の雄大な阿蘇の自然の中で栽培されただと言えるのではないでしょうか。無農薬栽培で作られている国産の大麦若葉(日本では、ケールと並んで青汁の原料となっている植物ですね)は、葉の緑も濃く素材本来の甘みがギューッと凝縮されている為に、青汁(ケールや大麦若葉、緑茶、桑の葉、青じそなど、色々な成分の青汁が増えているようです)作りには最適だといえます。

 

そのほかにも、各種ビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)やミネラル、ポリフェノールを豊富に含んでいる与那国島の「長命草」や、最近の生活習慣(規則正しい生活を送り、健康を害する恐れのある習慣は極力排除することが大切です)対策のためのしょうがパワーに注目して、辛味や匂いを抑えて有用成分を高めた「発酵黒生姜」を配合するなど、他の青汁(ケールや大麦若葉、緑茶、桑の葉、青じそなど、色々な成分の青汁が増えているようです)にはふくまれていない栄養価を加えている所も、えがおの青汁の特徴として挙げられます。

 

飲み始めた方の口コミでは、「抹茶(碾茶を臼で挽いて細かな粉末にしたものです)風味なので、小さなお子さんでも嫌がることなく飲んでくれた」「体が疲れにくくなった」「便秘(排便時に時間が掛かったり、痛みを伴ったりします)気味だったけれどお通じが良くなったので、肌の調子が良くなった」など、のみやすい味のみならず、栄養成分面での効果を実感行っている方もいらっしゃるみたいです。独特の苦味やクセもなく、すごく飲み易いと評判ですし、何より栄養価がプラスされている所が魅力的ではないでしょうか。


鉄分豊富な青汁

日本って貧血に疎い国って知っていましたか?
外国では、貧血は深刻な問題なのです。でも、日本ではあまり話題にも上がりません。
日本人の特に女性の貧血は、国民病っとも言って良い位多いのです。
よく通勤の電車で、座り込んでしまう女性を見かけます。貧血ですね。

 

青汁は、そんな女性にも効果的なのです。毎日の生活に青汁を取り入れることをおすすめします。
それ以外にも鉄分サプリや造血剤があります。
美めぐり習慣
こんな商品です。青汁以外にも、こいった物を補給することも大事ですね。

更新履歴


inserted by FC2 system